<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五竜岳の残置装備回収大作戦

山スキーで五竜岳にチャレンジしてきた。
しかし、ゴンドラ山頂駅に着いたのが午前10時。ちと遅いね。

しかし、そこからガシガシ登りはじめる。
先日の遭難事件の件もあって、遭対協や県警の人たちが、ワサワサ。
空にはヘリコプターバタバタ・・・。というよりかウジャウジャ。
d0091069_23134457.jpg


自然はいつも変わらず自然のまま。
超特大のさるのこしかけ。
d0091069_23144632.jpg


途中のなだらかな尾根で、とんでもないものを見つけた。
木に縛り付けられたザックと、ビバークの痕跡。周囲に散らばる装備品。

あまりにも異常だった。アイゼン、ピッケルなどの冬山で欠くことのできない装備品もあり、周囲を探してしまった。しかし何の痕跡もない。

そこでビバークの痕跡を掘り返してみると、着衣が出てきた。

呼吸が止まるかと思った。

防寒着だった。

警察に電話すると、元旦に遭難し、ヘリコプターによって救助された人の残置装備品だった。
身元を確認するために装備品を開けてみた。

確かに高価な装備品を使用していたが、下手っぴだった。
装備品や、ゴミを見ると、その登山者のレベルが手に取るように見えてしまった。

ちょっと悲しくなってしまった。

雪山は雪山であって、観光地ではない。
全身複雑骨折であったとしても、這ってでも帰ってくる気概が無ければ、来ない方が良いだろう。

ふと思った。この先、悲惨な遭難現場に直面することもあるだろう。
山やとして、一流どころであれるように、トレーニングの一環として推定20キロ以上ありそうなザックを担ぎ下ろすことにした。

でもその前に、上には行っておかないとね。
d0091069_23452747.jpg


青白く見える太陽。
五竜小屋から五竜岳を見上げる。目と鼻の先なのにね・・・。
d0091069_23464650.jpg


これからドッカーンと滑り込む斜面。たまらないね。
d0091069_23474136.jpg


帰りに荷物も回収。奮闘努力の末にスキーパトロールまで担ぎ下ろした。やったね。

でも、パトロールでは遅く帰ってきたことをおこられた。
僕は山やの意地を通し、パトロール隊の人は、ただ仕事をしただけのことだった。

お互いにそれを理解していたので最初は神妙な顔をしていたけど、だんだんにやけてしまった。
パトロールの女性スタッフが、ザックを持っていこうとしたけど、重すぎて持ち上がらなかった。
[PR]
by ygenki | 2015-01-24 22:25 | 山スキー

-

d0091069_19162144.jpg

しかしハードなゴミひろいだった。

コーラは美味しい。
しまった飲み干してしもた。
[PR]
by ygenki | 2015-01-21 19:16

-

d0091069_1403144.jpg

五竜岳直下にて。

山頂は目と鼻の先。高曇りの無風で暖かい。

しかし、いろいろあってタイムオーバー。

あーあ、途中で見つけた推定重量20キロのゴミ拾いに挑戦してみるか…。
[PR]
by ygenki | 2015-01-21 14:00

やんちゃな仲間と共にロングツアー【2】

小蓮華まで行こうとしたものの、風が強く、スノーボードを背負った、F澤さんはちょっと大変そう。
そこで、船越の頭の手前からドロップ。
快適な斜面をひたすら重力に身を任せて下っていく。
金山沢は山スキー滑走の楽園だ。
d0091069_2232238.jpg


下の沢までやってきた。
しかし、このまま帰るのは勿体無いだろうと言うことで、白馬大雪渓を登り返す。
行けるところまで行ってみよう。
とてつもなく雄大な山の塊。
d0091069_2263458.jpg


なんだかとってもかっこよく写せた。
d0091069_2210255.jpg


あまりにも面白すぎて、そこの斜面から滑ろうを5回ぐらいいっているうちにいつしか再び標高は2000メートル付近の杓子尾根。
気がつけば、白馬岳が真近に見える。
後姿は萩師匠。とっても経験豊富で上手い人だ。
d0091069_2211177.jpg


またしても白馬岩岳スキー場がはるか足元になってしまった。
一体全体どれだけ登ったことやら。
d0091069_22124274.jpg


長走り沢に滑り込み、猿倉荘までツリーラン。
猿倉荘はとんでもない雪ノ下に埋まっていた。
d0091069_22174832.jpg


今回はすべり重視と言いながらがっつり登り倒しツアーになったが、ここまでやるとさすがに満足だ。
良い日だった。
[PR]
by ygenki | 2015-01-19 10:02 | 山スキー

やんちゃな仲間と共にロングツアー【1】

滑り終わってからの会話。
「雪山は楽しすぎてみんなを誘いたいけど、とてもじゃないけど、誰かを連れて行こうとは思わないよね。」

そんな楽しすぎる雪山に入るには、体力と、技術と覚悟がいるようだ。
ただ、それを共に出来る仲間と出会えたということはとっても幸運だ。

そんな仲間と目指すは栂池上部小蓮華岳からのドロップだ。
誰もいない栂池スキー場も朝の4時から登りだす。
そしてスキー場から外れたあたりで夜が明けた。
d0091069_2141328.jpg


激しい登りの中に、一瞬の煌き。この一瞬がたまらない。
d0091069_21444423.jpg


栂池自然園にて。これから奥のたおやかな斜面を登っていく。
穂高連峰は、強烈な山脈で優しさのかけらもないけど、白馬の山は、とっても穏やかで優しい。
気温も5度は暖かく感じる。気持ちのいいところだ。
d0091069_2146350.jpg


私たちの前に道はない。私たちの後に道が出来る。
長い道のりも一歩から。
d0091069_21491427.jpg


暖かい。
d0091069_2150242.jpg


だんだん風が強くなってきた。稜線まであとちょっと。
d0091069_21505228.jpg


稜線にて。白馬のスキー場ははるかに足元。
ようこそ天空の楽園へ。
d0091069_2151575.jpg


日本海が目と鼻の先に見える。そして地球が丸く見える。
傲慢かもしれないが、この瞬間大地と海と空と一体になれたような気がする。
d0091069_21542521.jpg


やはり穂高連峰と比べると穏やかで優しげな表情だ。
d0091069_21563832.jpg


斜面と戦い、風と戦い、自分と戦ってその先の景色に感動があれば、何倍にも増幅される。
誰もが入れない冬山に入れた人だけの特権だ。
[PR]
by ygenki | 2015-01-18 22:00 | 山スキー

-

d0091069_652768.jpg

朝イチで栂池の上までやってきた。

雪山のやんちゃな仲間
[PR]
by ygenki | 2015-01-14 06:52

冬山

冬山の素敵な景色。
まるでショートケーキみたいだ。
d0091069_2354206.jpg

コルチナスキー場の上にて。

サイドカントリーには外人さんがてんこ盛り。

もはや山だかスキー場だか何だかわからない。
[PR]
by ygenki | 2015-01-13 23:58 | 山スキー

奥穂高岳

奥穂高岳。

ものすごい山だった。

荒れた日に一人で登りきれるほど易しい山ではなかった。僕の手には余った。

深夜1時半に新穂高を出発。午前10時30分には蒲田富士を越え、F沢のコルの手前までやってきたけど、猛烈な疲労感と眠気。少し歩いたら思わず寝てしまい、雪に埋まって気がついてを延々繰り返してから引き返した。

でも、疲れ以上に白い闇の恐怖はすさまじかった。
挑戦するのは良いけど、もう少し落ち着いていこうかな。
d0091069_18223865.jpg

しかし、雷鳥たちはたくましい。

結局写真らしい写真はこれぐらいしか取れなかった。

下りてきて、写真をとって気がついた。
自分自身が氷り漬けになっていた。
d0091069_182438100.jpg

[PR]
by ygenki | 2015-01-01 18:25 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

お気に入りブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

人気ジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧