<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

4年と3年

今僕の働いている会社は設立4年目。 

そして、僕は入社3年目。

会社の規模を拡大するために移転する事になった。

開店直前と言う事もあり、ハイピッチで準備をしている。

朝から晩までフルスロットル。

お店の広さは3倍ぐらいだろうか・・・。

でもやる事は一緒。

特に気負うような事もないので、今日も明日もいい仕事を心がけるだけだ。
[PR]
by ygenki | 2012-02-29 01:06 | 思う事

谷川岳

冬の谷川岳を登る番組を見た。

標高差1000メートルの雪と氷と岩と雪崩の岩壁。

背筋に冷たいモノが流れる。

作り話の番組はつまらないけど、ホンモノはすごい。

いつか行ってみたい。ささやかな願望。
[PR]
by ygenki | 2012-02-26 01:35 | 思う事

長いんだか短いんだか・・・。

今の勤務先が、ついに仕事の容量オーバーで拡大移転する事になった。

そして、僕の仕事内容も中間管理職的内容になり、ありとあらゆる事に関わるようになりつつある。

出社してから、退社まで毎日フルスロットルよくもまあこんなにやる事があるもんだと、感心してしまう。

そして、感覚がちょっと変わりつつある。

今までは時間の流れがどんどん短くなるような間隔だったけど、逆に長くなるような間隔になってきた。

もちろん1日1日はフルスロットルなので、大体毎日、えーーー??もうこんな時間??仕事ちっとも進んでいないジャンなんて思っているけど。もう少し長い1月とか、1年とかで見ると、ちっとも進んでいる気がしない。

ちょっと不思議な事になってきたぞ。
[PR]
by ygenki | 2012-02-24 01:29 | 思う事

ううっ、、キツイ

d0091069_17513737.jpg

今日は午前中素敵な仲間とランニング!
いやー平日の昼間っから一緒に行動出来る仲間は貴重です。

しかも、トライアスロンやっている人だから頑丈だ。

とりあえず9時から2時間かけてゆっくり20キロ程走ろうと言う訳だ。しかしね当然終始ゆっくりなんてあるはずもなく、後半はペース変わらず山の中に入ったものだからかなりきつかった。〆は基本的なドリル練習で終了。

お昼食べて眠気を誘う陽気の中仕事上の勉強会。気合いで乗りきった。

さあ、チョイとばかりお昼寝だ。
[PR]
by ygenki | 2012-02-22 17:51

ニカニカしているその訳は・・・。

最近

「何でそんなにニカニカしているの??」

って聞かれる。それは周囲に素敵な人が男女問わずにいるからだ。

世知辛いだ、生き馬の目を抜くだ、騙し騙されただと、マイナスワードは流行語大賞ばりに羅列されているが、はたして自分の周囲にはそんな人はどうも見あたらない。

単に俺が、不幸だナンだというマイナスの感情に対するセンサーがニブイだけか??

最近、生まれてから30年以上も掛かって、ようやく自分の正体が少しずつ見えてきたような気がする。

そして、私が私自身に掛けている期待に答え続ける事で、もっとパワフルになれそうだ。

僕の誇れる友人の1人が素敵な言葉をプレゼントしてくれた。

あまりに素敵だったので、自分だけに仕舞い込むのは勿体なくて乗せる事にした。

時を、性を、距離を超えて、
共にこの人生を歩みましょうね♪


誰か大切な人が居る人は、適当にアレンジして是非プレゼントしてあげて下さいね。

何はなくとも友達が居る!!
これだけで、犯行当時18歳と1ヶ月・・・。なんていう怒りと復讐の悲しい連鎖が半分になるような気がする。
[PR]
by ygenki | 2012-02-22 01:12 | 思う事

お散歩。

今日はいつもの山行スタイルから見ると、完璧にお散歩だった。

とりあえず八ヶ岳まで。
下の方はロープウェィでパスして、上の方で目一杯過ごす事にした。

ロープウェイでは、山歩きのおばちゃん達が居た。

上半身は南極風??ダウンジャケットでスーパー着膨れしていたけど、
足元に目をやるとホームセンターで売っているような長靴??

うーむ・・・。

確かにお散歩コースではあるけど、ここの山域では死神が元気一杯に活動しているはずなのだが・・・。


途中の登りはお約束で全開で飛ばして、ゼーゼーハーハー。
仙人のようにスイスイ歩きたいが難しい。

行った先は縞枯山
d0091069_155361.jpg

マイナス10度のそよ風レベルで楽ちん楽ちん。

しかし、山の厳しさは相変わらず。張り裂けそうな、刺すような冷気に何故か心安らぐ。

遠くには浅間山。
d0091069_117236.jpg


そして、今回のお楽しみはバレンタインで頂いたチョコレート。
d0091069_1182149.jpg


目一杯山の上で過ごして、終電ならぬ、終ロープで帰ってきた。
楽ちん過ぎた。
[PR]
by ygenki | 2012-02-17 01:26 | 登山、アウトドア

おひゃよーございます。

最近、風呂での睡魔に勝てない。風呂に入ると文字通り落ちる。そして、完全に寝てしまう。しかも2〜3時間とか平気で寝てしまう。

いかなる環境でも眠れるというのは素晴らしい事だけど、どうせ布団という文明の利器があるなら利用したいものである。さて、おやすみなさい。
[PR]
by ygenki | 2012-02-12 02:57

休日らしい休日??

朝5時頃目が覚めた。

しかし、連休後、溜まりに溜まった仕事を気合いと集中で片づけたおかげでヘトヘトに・・・。

八ヶ岳にお散歩行こうと思っていたけど、動けず思いっきり寝る事にした。

寝まくったおかげで、布団はべったり。そこで、屋根の上に布団を干す。

カラッと晴れた空で、布団は一気に乾いた。やっぱり太陽の力は偉大だ。

布団からはお日様の香り。

ご飯食べたらまた強烈な睡魔。取り込んだ布団の上でお昼寝。

しかし、寝てばっかりじゃ締まらない。ランニング&クライム3時間コースに行く事にした。

パン屋さんのれっくんりっくん
で小さくて堅めのパンを買い、コーヒーを小さな魔法瓶に詰めて、いつもの壁に向かってランニング。

今日は時間があったので、かなり大回りしていった。1時間ぐらいかな??

着くと、息を整えずに、上がりっぱなしのまま分厚い手袋をはめて、ハーネスを付け、スリングとカラビナを付けて、ザイルを結び登っていく。

上に着いたらセルフビレイとって、何パターンかの確保の練習して、最後にラペリングで下りてくる。
d0091069_1103377.jpg

繰り返す事で、だいぶ余裕も生まれてきたし、怖さも少なくなって、道具への信頼感も増えた。

何しろ、ダイニーマスリングは細くて軽いので、どうにも心許ないのだ。

高性能なのは良いけど視覚的な怖さには慣れが必要だね。

長い間吹きさらしの中にいたので、気が付いたら身体が冷え切っていた。

行動体力はそこそこ有るけど、防衛体力が低いので、もう少し上げたいと思う今日この頃。

コーヒー飲んで、パンをかじって、帰りのラン。

靴下と足の相性が悪かったせいか、まめが出来てしまった。

パンのビニール袋を切り取って、足と靴下の隙間に入れたら痛みは治まった。使えるものは何でも使おう。

このまま家に帰るのも勿体ないので、そのまま図書館までランニング。

実は図書館はとっても好きな場所だ。3時間ほど本を読み漁ってから走って帰宅。

良い休日だった。
[PR]
by ygenki | 2012-02-09 01:23 | 健康?

ウールにはまりそう。

今まで、ウールっていうと、チクチクしてたまらなく痒いっていうイメージがあった。

しかし、上質なウールなそうでもないという事に気づくようになってきた。

そこで、冬山に合わせて、山用品店にある一番気に入ったインナーウエアを買ってきた。
もちろんチクチクなんてしない。
命に関わるモノだけに、一番良いモノを選んだつもりだ。。

そして、今日はそれ着て空港までランニング。息の上がった状態で、懸垂下降の練習をし、
ペースを上げてランニングで帰ってくる。

家帰って、だいぶ経ってから、冷たい机の上に腕を載っけたら、一気に結露した。
でも、肌はカラッとしたまま。

ウールの高機能は素晴らしい!!
d0091069_054987.jpg

[PR]
by ygenki | 2012-02-06 00:54 | 登山、アウトドア

とんがり系。

冬山でマットを敷いて、その上にシートを被るだけというあまり一般的でない宿泊形態にチャレンジしてみて、以外と問題ない事に気が付いた。少々の降雪なら、逆に歓迎で、降り積もった雪が冷気を遮断してくれる事も分かった。

唯一の問題は風。

冬山の風は特に強烈で、動けず地面に突っ伏してしまうような時もある。そして、一気に体温を奪われる。
だとすれば、エアマットとシート、ツェルトを使って、岩の影などで雪洞もしくは、少し地面を掘り下げた半雪洞を作り、その周囲をスノーブロックで囲えば何とかなるのではないだろうか・・・。

今使っているダウンの上下は比較的薄手の物なので、ヒマラヤ登山でも使えるようなダウンの上下、もしくは、ワンピースを使えば、テントの必要性は無くなるのではないだろうか・・・。

さらに、この場合ならシュラフもいらなくなりそうだ。

そして、靴ひもを十分緩めて、足をザックに突っ込めば、オーバーミトンと2~3個のホッカイロでマイナス20度の中でもかなり快適な一夜を過ごす事が出来ると思う。



もう一つ常識を疑ってみるとするなら着替えの問題がある。
登山での着替えはそもそも濡れた時に身体の冷えを防止するために着替えるもの。

しかし冬山に関して言えば、そもそも液体の状態で水という物が存在しない環境であるので、体が濡れる要素がない。

発汗に関しても、鍛え方が足りないと少々の運動負荷で体温が上がり、大量の発汗があるけど、日頃から運動していれば、グッショリ濡れる程の発汗は考えにくい。

厳冬期登山にテント、シュラフ、着替えは要らないのではないだろうか??

少々自分を鍛える必要はあるけれど、結果的に少ない装備でより軽くよりシンプルにした方が、自分の生存性を上げる事が出来るのではないだろうかと思ってみた。
[PR]
by ygenki | 2012-02-03 03:21 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


Skypeボタン

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧