<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

最後はお気に入り

最後の写真はお気に入りばかり集めてみました。
朝日でうねる木の陰。
d0091069_2223487.jpg


自然の造形は不思議なモアイ像??
d0091069_22241987.jpg


明神池はいつも静か。
d0091069_22251887.jpg


大迫力の山。思わず見とれていたら、雪崩が流れていた。
d0091069_22261216.jpg


小迫力の山。雪面に風が刻んだシルエット。常念岳みたいだ。
d0091069_22272280.jpg


何人か居れば、雪屁踏み抜き体験が出来そうな窪地に出来た雪屁。
背景の山がおどろおどろしいです。
d0091069_2228573.jpg


両側100車線??を1人で使ってみました。風は強いけど、気分爽快。
d0091069_2231656.jpg


見返り穂高。最後までチラ見せもしてくれなかった。
d0091069_22322590.jpg


これまで、何回か冬山登ってきているうちに、だいぶ冬山にも慣れてきた。
そして、冬山特有のトラブルにも、だいぶ対応出来るようになってきた。
常念岳にも登る筋道が付いた。

以前まで釜トンネルは、ツルツルに凍った路面。完全な暗闇。そして、デコボコだらけの曲がりくねったトンネル自体が、冬場上高地に入ろうとする人達を試していたけど、最近は、釜トンネルが新しくなったこともあって、誰でも懐中電灯持っていなくっても、気軽に上高地に入れるようになった。

携帯電話だって通じる。団体様ご一行のツアーもある。冬場でもダンプが走って、ひっきりなしに工事をしている。

とっても便利だ。そして、ちょっと俗っぽくなった。

しかし、ちょっとでも荒れると、山の上も下も大して変わらない。

今年は、上高地で遭難のニュースを目にしたりもした。

気軽に遭難出来る場所になったなーと、しみじみ感じる。
[PR]
by ygenki | 2011-01-31 22:54 | 登山、アウトドア

残りの写真。

稜線上では風が吹き荒れているので、雪煙で幻想的な雰囲気。
d0091069_1838585.jpg


今回は常念岳チャレンジはここまでで断念。
この雪煙の向こうに常念岳が見えるはず。蝶槍の上から乾杯(完敗)
d0091069_18413784.jpg


別れがたい寂しさを感じつつ、元来た道を戻っていたら、見えた。
松本から見る常念岳とずいぶんイメージが違うのは、前常念が少々間延びしたように見えるから。
ここでも右手は雪屁につき、強風時は雪屁に押し込まれないようにご用心。
d0091069_18435020.jpg


セルフタイマーで撮りたくても、一瞬で電池切れになるので、撮れないっす。
d0091069_18465475.jpg


松本の方も、晴れ渡って、しっかり見える。高ボッチや、鉢伏山すらも足元だ。
d0091069_18504219.jpg


もっとも反対側は姿すら見えない3000メートル。
この見たくても見ることの出来ない、時折、一瞬だけチラリと見えるチラ見えに萌えてしまいます。
d0091069_1852493.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-01-31 18:54 | 登山、アウトドア

山での生活は・・・。

風景の写真の前に、山の生活のご紹介。

まずはゴミ問題。
荷物は少しでもコンパクトな方が良いので、フリーズドライのパックを活用。
細かいゴミを詰め込んで・・・。
d0091069_2229178.jpg


ぎゅっと圧縮して、ジップロックで密封。
普通にゴミ袋に入れているだけだと、あっという間にゴミ袋がパンパンになっちゃうからね。
d0091069_2233954.jpg


冬山に関して言えば、食用可能期限(賞味期限じゃないよ。)は、あって無いようなもの。
コンビニおにぎりも、クギが打てるほどカチンカチン。
保存も楽だし、潰れる心配もない。お鍋に放り込んで、カレーと一緒に煮込めば、
単なるカレーに、おにぎりの具が増える。この時のおにぎりの具の選択は重要事項!!
d0091069_2238845.jpg


立って半畳、寝て一畳のマイハウスは、立地と基礎工事が重要。
何はともあれ、風の通り道を避けて、しっかり地ならし。
手を抜くと、寝床がデコボコになって、人や荷物が、斜面の下の方にずり落ちるからね。
あと、へたに大木の下に陣取ると、夜中に落雪でしょっちゅう目が覚める。
d0091069_22483835.jpg


雪山では、水に困らない。
もっとも、それが手を加えないで飲めるかどうかは別として・・・。
テントの入り口から、ちょっと手を伸ばすだけで、原料はいくらでも手に入る。
直接雪を火にかけると、焦げ付くから、呼び水をちょっとだけ魔法瓶に残しておくのがミソ。
d0091069_2242887.jpg


その機会を逃すな!!といった感じの小屋の中。
液体の水は魔法瓶でしか存在出来ないので、機会あるごとに、沸かして、満タンにしておく。
お気に入りは、普段なら飲めないほどアマ~~イ紅茶。
ひどい状況の時に、一口飲むだけで、元気が出てくる。
こういった気分の切り替えスイッチは、多ければ多いに越した事無い。
d0091069_22491121.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-01-29 22:57 | 登山、アウトドア

ゴアテックスの限界

今回の山では、夜とか山頂付近では、気温はマイナス20度まで下がっていた。
ちなみに、山頂付近は風も結構強かったので、体感的には、マイナス40度ぐらいだったらしい。

ここまで寒いと、思いもよらぬ問題が出てきた。
懐から出すと、一瞬で凍り付いて指が張り付くカメラは、セフフタイマーで写そうと三脚に固定している間に電池切れ。

いちばんこたえたのは、寝袋が雪や水で濡れないようにする、ゴアテックスの寝袋カバーだった。
何しろ、あまりの寒さに、水蒸気を逃がすはずのゴアテックスも、水蒸気が逃げる前にシュラフカバーの中で、結露して、一瞬で霜になってしまう。
家に帰ってから、凍り付いたままのシュラフカバーをひっくり返してみたら、霜が沢山落ちてきた。

ってことは、夜の間中、俺は霜の布団を被って、寝ていたって事か??
どおりで、1時間ごとに寒さで目が覚める訳だ。

     ~ゴアテックス~
     つまるとこ手の爪ぐらいの面積の範囲に、14億の穴が開いていて、
     水蒸気は逃がすけど、水は通さないと言うとっても便利な素材。
     レインウエアからテントに至るまで、いろんなところで使われている。

さらには、排泄欲求を満たす時にも、多大なる問題が発生した。
朝、携帯トイレを外に出して、はースッキリって思っていると、風で冷やされて凍った??のか、その後痛い。
やたらヒリヒリする。これには閉口した。

今までがせいぜいマイナス15度止まりだったので、今回開いてしまったマイナス20度のドアの向こうには
新たなる発見が色々あった。

さて写真。
朝目が覚めて、テントから出ると、ご覧の空模様。
でも、風がなかったので、静かな夜だった。
d0091069_15423069.jpg


僕の前に道はない。
d0091069_1544167.jpg


僕の後ろに道は出来る。2日後には跡形もなく消えているけどね。
d0091069_15453340.jpg


冬山の楽しさは、森林限界を超えてからが本番だと思う。
空は晴れているけど、地吹雪で舞い上がる雪煙のおかげで、ボンヤリとしか見えない。
d0091069_15474529.jpg


ここもやっぱり雪煙。右手の松本側には雪屁が張り出しているので踏み抜かないようにご用心。
d0091069_15522468.jpg


盆栽コンテスト最優秀賞のハイマツを発見!!
いかな盆栽名人とはいえども、ここまで力強い盆栽は作れまい。
d0091069_15545455.jpg


風の作品。表面はカッチカチ。アイゼンをガシガシ効かせて、歩きます。ちょっと勿体ない??
d0091069_1611873.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-01-29 16:02 | 登山、アウトドア

冬山は疲れない。

のっけから冬山は疲れないなんて、一体全体どれだけ楽なんだろう??って思ってしまいますね。

しかし、当然と言えば、当然かもしれない。
夏山は冬ほど過酷ではないし、ちょっと歩けば、すぐ山小屋。とりあえず、自分の目一杯で、活動してしまったとしても、帰り道にちょっと放心するぐらいで、生死の分かれ目なんて、遥か彼方。

ところが、冬ともなれば別問題。経験値が少ない事もあって、自分の許容量の半分以下でないと、ちょっと何かあっただけで、非常にまずい事になる。

結果的に、常念岳に登る事も出来ただろうけど、帰ってきたのは良かったかな。

まずは写真をチラホラ。
d0091069_0455442.jpg

腕立て伏せしているわけではないです。斜面がきつすぎるだけです。
トレースという先行者の踏み跡もないために、ひたすらラッセル!!
つまるとこ、ボールベアリングみたいに、滑らかなパウダースノーをかき分けかき分け前進するわけです。
一歩進むたびに、2歩分滑り落ちているような錯覚に陥りつつ、明らかに匍匐前進より遅い速度でしか進まない現状に、泣きたいッス。

楽だ楽だ言いながら、初日は、11時間歩いておりました。
d0091069_0524346.jpg

だいぶ疲れて、出来上がった表情です。
何しろ、徳沢から、1人フルラッセルで6時間もがいて、長壁山にすらたどり着けなかったので・・・。
気分的な疲れの方が大きいかもね。
d0091069_057896.jpg

ちなみに、これは今回から投入の秘密兵器「わかん」とは言っても、冬山の一般的装備なので、秘密もクソもないけどね・・・。でもこれがなかったら、あと1.5倍は時間掛かっていただろうな・・・。

んでは、残りの写真は又明日。
[PR]
by ygenki | 2011-01-29 01:00 | 登山、アウトドア

臆病者の旗

自由と聞くと、妙な重苦しさを感じる。

例えるならば、360度水平線しかない大海原に、ポツンと浮かんでいるような感じ。
何処に進んでも自由。こんな自由は、自由すぎて、なかなか受け止めきれない。

冬山も似たようなもの。夏道は雪に埋まって、なかなか判別が付かない。
何処でも歩ける自由。つまるところ、道に迷う自由もセットになっているわけだ。

地図とコンパス、高度計で、およその位置は掴めるけど、なかなか判断に自信が持てない時には、
”臆病者の旗”の出番だ。やばいなと思ったら、雪面に差しておく。

作り方は簡単。ホームセンターで、園芸用なんかの竹を買ってきて、あとは布屋さんで。鮮やかな、真紅の布を買ってくる。

竹を1メートルぐらいに切って、あとは布も適当に切って、結びつけるだけ。
強風で、ほどけないように、一応接着剤で止めておく。
d0091069_0125454.jpg

全部で、15本作っておいた。
ついでに、余った布で、テープも余分に作っておこう。
只今乾燥中。
d0091069_0143945.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-01-25 00:14 | 登山、アウトドア

メカキチ

今日は久しぶりに、世界の工具メカキチさんにお邪魔してきた。

ここは知る人ぞ知る??ハンドツールの穴場のお店で、僕の工具のほとんどはここでそろえたと思う。

ただ、こうして書くと、メカきちがいのマニアックなお店と誤解を受けるかもしれないけど、店長はとっても気さくで、親切。

何年も前に、自転車をいじりたくって、初めて自分で購入したPBの6角レンチは、いまだに愛用している。

お店は。え??こんなとこ??と思わず目をこすってしまうようなところにあるけど、ハンドツールに関しては、安心してお任せ出来るので、大好きなところだ。
d0091069_0154519.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-01-20 00:16 | 思う事

魂をコンドルに乗せて。

ディアマンテスの曲だ。
僕が高校生の頃に聞いたんだったかな・・・。

とっても力強くって、ちょっと悲しげで、格好いい曲だと感じたので、ずいぶん印象に残った記憶がある。
[PR]
by ygenki | 2011-01-19 00:09 | 音楽

恐怖7割ってところかな。

今月末に、また山に行こうと画策中の山田元気です。
でも、年末年始と違って、この時期は、ただでさえ人が少ないのに、さらに少ない、とってももの悲しい季節だ。

晴れていればいいけど、荒れたら、かなり怖い。
真っ暗闇の中で、暴風が小屋や、テントに叩き付ける音も怖いけど、白か黒しかない世界もまた怖い。 

でも、不思議と、一種独特な快感もある。何しろシンプルだ。自然のルールという、YES か NOしかない世界なので、恐怖に惑わされる事が意外と少ない。
だから、安全に恐怖と、向き合いやすい。

そんな中、なかなか良い本を見つけてきた。
d0091069_23593883.jpg

ジェフ ワイズの「奇跡の生還を科学する」
と言う本だ。心の中にある恐怖といかに付き合うか。

最近の自分のテーマになっている恐怖について、かなり丁寧に書いてあり、読んでいて楽しい。

月末は、快晴で、感動を味わうか、過酷な環境での内面的なバトルになるか、どちらかな?

このブログの写真、楽しみにしてくれている人達が、とてもたくさんなので、また、ステキな写真一杯写してきますね。
[PR]
by ygenki | 2011-01-17 00:02 | 思う事

搾り取られた、貧血男君

久しぶりに献血行ってきた。400mlの全血なのだ。

いつも通り、受付して、いつも通り問診票やって、いつも通り検査して、いつも通りプチュッとな・・・。

終わって、待合室で、ココア飲もうとしたら、何だか気持ち悪い。そして、次の瞬間猛烈な眠気。

揺り起こされて気が付いた。変な汗で、汗だくになっている自分自身に・・・。

どうやら、落ちたらしい。カクッ!!とな・・・。

精神的な汗の経験は無い訳ではないけど、人生初の変な汗をかいたような気がする。

あ~~~・・・。びっくりした。

血を抜いたせいか、少々疲れやすいようだ。

晩ご飯食べて、昼寝ならぬ、夜寝したら、こんな時間になってしまった。

さて、風呂入って寝るか・・・。
[PR]
by ygenki | 2011-01-09 01:42 | 健康?


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧