<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

山登り第3弾

さて、ようやく下に降りてきました。
ちょっとステキな景色。雪の浜辺と言ったところか・・・。
d0091069_21455264.jpg

明神池には不思議な魅力がある。
池の向こうの黒々とした木々。暗いけど、何故か力強さに溢れた冬の嵐。
d0091069_21472374.jpg

釜トンネルも新調された。
そして、懐中電灯なんて持っていなくっても、冬季の釜トンネルを誰でも越えられるようになった。
d0091069_21493391.jpg


帰り道、早速わかんとスパッツを買ってきた。
d0091069_2158750.jpg

この先、多分アイゼンよりも、活躍の場が多いと思う。

身をもって学ぶって、良い事だと思う。
何で必要なのか、どのように使うのか、もし持っていなかったら??現実に即しているので、習熟度も早い。
命に関わるから、何故?を突き詰める事が出来る。
おかげで、目隠ししても、扱う事が出来る。

来年はどんなステキな出来事に出会えるかな??

今年一年、「山田元気の日記」を楽しみにして下さって、ありがとうございます。
皆様の2011年がよりよい1年になりますように。
[PR]
by ygenki | 2010-12-31 22:08 | 登山、アウトドア

写真第二弾

さて、山の写真第2弾。

またまたこんな凶暴なものを足につけて登り始めてみたものの・・・。
d0091069_1956469.jpg


最近しばしば思うのは、この時期の標高2500以下なんて、アイゼンいらないんじゃね??
と言う素朴な疑問。何しろどこもかしこもパウダースノーオンリー。
とはいえ、状況が一変した時に、持っていないと、死に直結するので、あなどれません。
登りは熱いので、まだ手袋はポケットの中。
d0091069_18445830.jpg


この風景。どうにもチョコレートスティックに粉砂糖をまぶしたお菓子に見えてしまいます。
しかし、何時間も見続けていると、まるで、鉄格子に閉じこめられているような錯覚に陥る。
d0091069_18523490.jpg

なにしろ、延々と、白と黒のモノトーンの世界。
色があるとすれば、かすかに緑がかっているか、茶色がかっているか・・・。
そんな時に、遭難時の心理状態を思い描いている事もある。なぜ?幻覚や、幻聴を見たり、聞いたりするのか??

ひたすら、モノトーンの世界にいると、ふと、頭が色を求めている事に気が付いた。
例えば、装備品の赤いスリング。ふっと目に入った瞬間、なんか落ち着く。
同様に、アイゼンの黄色いバンド。
遭難っていう、ギリギリの状況だと、頭が少しでも自分にかかる負担を減らそうとして、
甘い幻想に逃げようとするんだろうな・・・。

そんな思いで、この写真を見てみると、怖くもある。

マイナス15度のグッモーニン!!
d0091069_19563622.jpg

朝食はフリーズドライのわかめご飯。
ず~~~~ッと前に買ったまま、使い忘れていたものを引っ張り出してきた。
フリーズドライに賞味期限なんて無いと思う瞬間。
d0091069_19535365.jpg

いろんなものが凍り付く所。空気の薄さが、拍車をかける気がする。

下の写真。バリバリ本気モードの写真です。斜面をラッセルしながら登るため、実際には胸まで埋まっている状況だ。しかも、わかんを持っていないため、100メートル進むのに、1時間以上掛かっていると思う。
d0091069_19515763.jpg

あまりにも時間がかかりすぎて、このままじゃ、2日ぐらい予定オーバーしそうだったので、きっぱり退散。
しかし、退路も、もちろんご覧の通り。
中央のやや左寄りから、右斜め上に向かって、かすかに伸びているのがトレース。雪が降って、ほとんど消えかかっているのが実情。当然膝上まで埋まって、もがく事になる。
d0091069_2003571.jpg

マイナス15度のスニッカーズ。
普段ベタベタ グネグネのスニッカーズも、パキパキに凍ってせんべいみたいになってしまった。
d0091069_2044579.jpg

[PR]
by ygenki | 2010-12-31 20:06 | 登山、アウトドア

生きて帰って、登山完了。

いこうと思えば行けそうだったけど・・・。

帰りがやばそうなのと、まだ「わかん」持っていなかったので、大人しく帰ってきた。
結局長壁山にもたどり着けず残念賞。
とりあえず、写真です。
まずは、薄曇りの大正池。鳥が4羽泳いでます。
d0091069_0533582.jpg


山頂で、左から、右に流れているのは雪煙。下から見れば、風情溢れる光景だけど、山頂では、暴風が吹き荒れています。
d0091069_12181.jpg


目指す蝶ヶ岳は正面の山。山頂は雲の中。
d0091069_124880.jpg


何故か惹かれるこの風景。特にこれといって、主人公は居ないのだけど・・・。
d0091069_142721.jpg


氷の木。このちくちくとんがった形がステキ。気高いですね。
d0091069_154959.jpg


氷の林の向こうにそびえる、黒い山。池の畔の景色を風景に例えてみました。
d0091069_172019.jpg


とりあえず、枚数多いので、今日はこんな感じです。
[PR]
by ygenki | 2010-12-30 01:43 | 登山、アウトドア

山行き

明日から山に行ってくる。行き先は常念岳。

上高地から入って、蝶ヶ岳通って、常念岳往復。

心と体のチャレンジだ。

可能ならば、山から、写メ投稿してみますね。
[PR]
by ygenki | 2010-12-27 23:31 | 登山、アウトドア

THE NORTH FACE

初めて買った山用のレインウエアはTHE NORTH FACEのレインウェアだった。
多分十数年前だったと思う。

それ以来、ずいぶんと愛用している。

この冬山用の、マウンテンライトジャケットも10年程前に揃えたもの。
d0091069_043741.jpg

普段着では使っていないので、とっても長持ちしてくれる。

10年で、冬山対応のアウターもずいぶんと進化した。でも、まだまだ現役で使える。

年末の天気はやや荒れ模様。

晴れた方が爽快ではあるが、まあそんなんどっちでもいっか。

少々暗くて風が強いぐらいだ。
[PR]
by ygenki | 2010-12-27 00:08 | 登山、アウトドア

えっさほいさとタイヤ交換

冬の風物詩って感じのタイヤ交換も無事終了。
年末まで間に合って良かったーー!!
d0091069_9274397.jpg

油圧ジャッキがあるおかげで、30分ぐらいで、暖かい部屋に戻る事が出来た。

軽自動車は、軽いし、ナットの数も少ないから楽ちん楽ちん。
さて、後は大掃除。
[PR]
by ygenki | 2010-12-25 09:29 | 思う事

今年のお稽古もおしまい。

なかなか時間を作るのは難しいけど、それでも何とかお稽古にはチマチマと通う事が出来た。
お茶のお稽古も今年は終了。
最後の日は、みんなでテーブル囲んで、お茶やらコーヒーやら飲んだり食べたり。
来年はもうちょっと休まずに行けるかな・・・。

お茶の心はとっても素敵だ。四字熟語で書くと、
和敬清寂
とってもシンプルだ。
つまるとこ、仲良く、和やかに接し、相手を敬い、身も心も清く、何事にも動じない心。という事になる。

これ程困難な事はそうそう無いと思う。

何しろ、罰則で、縛り付けるような規則と違って、縛り付けるものが無いからね。
あえて、当てはめるとすれば、自由で心を縛っているという事になるのだろうか・・・。

憎むのは簡単だ。殴られたら、憎めばそれで済んでしまう。そんな状況でも、和敬静寂の気持ちで
相手に接する事が出来れば、どれほど気持ちが楽だろうと思う。
憎むのは簡単だけど、憎めばそれが倍になって自分に跳ね返ってくる。

スローガンや、やアイコンみたいに旗印があるわけでもなければ、目に見るものでもない。
だから楽しい。こういったものは、きっと矜持というものなんだろうな。
d0091069_0454051.jpg

今、最高に人生を楽しんでいる気がする。

何故って、形として残らない精神への挑戦だからね。日本に生まれて良かった。
こういった形で、思いっきり悩む事が出来て良かった。

立派な憲法を沢山作るより、矜持をたった一つ維持する方が余程難しくって、苦しいと思う。

闘いが大好きな山田元気でした。さて、その相手とは・・・。
メリークリスマス。
[PR]
by ygenki | 2010-12-25 00:35 | お茶

旅立ち

d0091069_1201427.jpg

この本の著者に会う事はもう出来ない。読み進めるうちに、野口英世と重なってくる。
ものすごい人だと思った。
今日は、現世でのお別れと、お見送り。

天白一馬先生の一路平安でありますように。生と死について、考えた一日だった。
[PR]
by ygenki | 2010-12-23 01:30 | 思う事

夜にキラキラ光り輝く物は・・・。

クリスマスツリー!!
d0091069_2338363.jpg

パルコ裏ではキラキラ。

道行く人達も、足を止めては写真を写していた。
何だかこの時期って、あちこちキラキラしていて良いねえ。

今日は古い友人と、一緒にカレーを食べて帰ってきた。
そのカレー屋さん。エベレストに2回も登った事あるネパールの店長さんで、他にも8000メートル峰4座登った事があるそうだ。

山が好きな身としては、何ともはまりそうなカレー屋さん。味もバッチリ。
ナンも美味しい。

さて、家に帰ってからは、こちらでもキラキラ
d0091069_2345627.jpg

これは、キラキラと言うより、むしろギラギラ!!かな??

年末の雪山に向けて、アイゼンと、ピッケルをしっかり研いでおいた。
だいぶ使ったので、先も丸まっていって、硬い氷に刺さりにくくなってきたので、これでバッチリ。

雪山登山は以外と刃物類多いです!!
[PR]
by ygenki | 2010-12-18 23:48 | 思う事

あの世に持っていけるモノ。

今日は、暗くてシリアスな内容です。
タイトルは「あの世に持っていけるモノ」
現実直視な一日の出来事です。

d0091069_23544560.jpg


実際の所、あの世に持っていける物としては何もない。
モノとしては記憶ぐらいかな・・・。

遠くで暮らす祖父母の家のお掃除に行ってきた。大量の物と本。
部屋一つ片づけるだけで、丸一日。

感情を差し挟んだら、全く進まない事が分かっているので、感情を切り離して作業。
きっと貴重な本や、物もあるのだろう。

心は悲しみで土砂降りの雨。

さらに夕方になって愕然とするような出来事があった。

骨壺が出てきた。出てきた事に対して、愕然としたのではなかった。
「面倒だから捨ててしまえ。」と、一瞬でも思った自分に対して。

今、僕が暮らしているのは、先進国。でも、気持ちは、心の発展途上国。むしろ、心の衰退国。という方がまとを得ているような気がする。

骨壺を振ったら、サラサラ音がした。僕の部屋にも、物が溢れている。しかし、体すらあの世にもっていけないのに、その空虚さを隠したいがために、物に埋もれている現実に、恐ろしくなった。

そして、執着した物に、心すら埋もれ去っていく現状を目の当たりにした気分だった。

いかんともしようのない、悲しみの一日だった。

せめてもの救いは、まだまだ自分が悲しみを感じて、悲しみを噛み締める事が出来た事だった。

心は土砂降りの雨。一晩経った。今日は雨もあがって快晴。
同じマイナスの感情でも、怒りや憎しみはろくでもないけど、悲しみを感じる事は、人間として、大切な事だと思う。

昔、この国にも陸軍があった。
怒りに身を任せるのは簡単だ。心を失ってしまわないように切に願う。
[PR]
by ygenki | 2010-12-15 23:57 | 思う事


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧