<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

過酷な環境に身を置きたがる自分を変態と思う。

しばしば思うけど、冬山の環境の厳しさは別格だと思う。
荷物満載のザックを背負って、2500メートル以上の標高で活動する。
d0091069_23584342.jpg

負荷は非常に大きいので、当然汗をかく。だからといって、上着を脱ぐ訳にはいかない。
下手に脱ぐと、一瞬で体温を奪われ、あっという間に手の感覚が無くなる。
痛いとか、冷たいとかあまり感じない。
凍死って、多分余り苦痛を感じないだろうと思って、ぞっとした。
d0091069_002439.jpg

遠くに見えるのは槍ヶ岳。

d0091069_01947.jpg

蝶ヶ岳の山小屋と青い空。
最高に深い青だね。

d0091069_0142228.jpg

午前11時には山頂ついてしまったので、そのひのうちに、自分の付けた足跡をたどって下山します。
強風で、足跡はあちらこちらで途切れていた・・・。

d0091069_0144881.jpg

まるで鏡。もう少しカメラを下に振れば良かったかな・・・。

d0091069_015527.jpg

釜トンネルのあと○○メートルが千里の道のりに感じられるほど疲れ切っていた。
最終のバスは5時55分。10分前ぐらいのギリギリに辿り着きました。
久々におかゆぐらいしか食べられないほどの疲労困憊だった。
[PR]
by ygenki | 2010-02-26 02:33 | 登山、アウトドア

蝶ヶ岳パート2

今回の登山は全体的に時間をたっぷり使って行動した登山だった。普通昼過ぎにはその日の宿を確保しているのが普通だけど、二日ともギリギリまで行動していた。
そんな二日目です。
着剣!! 
d0091069_1474448.jpg

まるで銃剣をつけるような心境のアイゼン装着。
果てしなく凶暴な鉄のツメを靴に取り付け、カチカチの氷面でもガッチリ食いつく。
一昔前のアイゼンなので、そろそろグローブつけたままでも簡単に脱着出来るワンタッチアイゼン使いたいな。

d0091069_1523534.jpg

あさ3時半に起きて、5時頃出発。真っ暗でこわ~い山の中、ヘッドランプの明かりを頼りにザクザク登ります。

d0091069_1545842.jpg

命をかけた戦い。
木が木を喰らっているようにも見える。

d0091069_1561961.jpg

景色の良いところで一息入れる。
お湯がおいしい。  お湯だけで満足。

d0091069_202930.jpg

今回はかなりチャレンジャーだった。
13時間 (歩いていたのは実質12時間程度)  の行動中に摂取した水分は魔法瓶に入れたお湯500ccと、水筒の水500cc。
食べ物はかりんとうひとつかみと、乾パンひとつかみ。パワージェル一個とオールレーズン少々。
人間って想像以上に強いモノです。
少々の喉の渇きは、つららや道端の雪で事足りる。

d0091069_2111256.jpg

今回は前日までの日程はかなり強行スケジュールだったので大分疲れていた。
この時点で、高山病の前兆の酸欠の頭痛がしていた。

d0091069_2143334.jpg

樹林の隙間から穂高連峰が見えてきた。

d0091069_2153437.jpg

水が液体として存在できないため、砂漠という表現が当てはまるかもしれない。
白い砂漠と、果てしなく青い空のコントラストがため息でるほど美しい。
[PR]
by ygenki | 2010-02-26 02:17 | 登山、アウトドア

欠かせないもの

つくづく自然が好きだと思う。今回の行き先は正月行って来た蝶ヶ岳。
雪山のスリルは格段だけど、無謀のラインを超えないように、比較的容易な山から恐怖と自分自身の許容範囲を少しずつ体に染み込ませていきます。
d0091069_235798.jpg

釜トンネルくぐって、穂高連峰が見えると、それだけで嬉しくなってしまう。
d0091069_293962.jpg

これは一年中枯れる事のない湧き水が源になっている川。
そこら中に岩魚がうようよいるけど、さすがに手突っ込んでフラッシュ焚けば逃げるわな。
d0091069_212246.jpg

こんな何気ない風景が大好きだったりします。
d0091069_2133577.jpg

柳の新芽がフサフサしてきた。春近し!!
d0091069_2145587.jpg

こちらでは化粧柳が真っ赤に染まっています。確か上高地の固有種だったかな・・・。
春だねー!!
d0091069_2163521.jpg

自然の造形美。特に何かと掛けている訳ではないので深い意味はないです。
d0091069_2174525.jpg

霜柱もここまで来ると、アートだね。
d0091069_219442.jpg

本日の晩餐の支度が整いました。
MSRはガスと比べると、多少かさばるし取り扱いにも気を配るけど、信頼性は抜群です。
[PR]
by ygenki | 2010-02-25 02:21 | 登山、アウトドア

女子500

オリンピックのスピードスケート女子500にかじり付いてしまった。

それこそ固唾を呑んで!!

だんだん体がせり出してきて、選手のリズムに合わせて体が動いてしまう。

そして、コーナリング中は一緒になって体が傾いでしまった。

見終わった後は心臓バクバク手に汗握っていた。

うおおおおぉ~~~~!!

ナオちゃ~~~~ん!!!
[PR]
by ygenki | 2010-02-19 01:13

ちょろっと空港流してきました。

ホイールの出来映えを見ようと、ちょろっと空港を流してきました。
d0091069_127319.jpg

空港から見える山は、雪化粧で青白い。
感想は、良いホイールが出来上がったな~!!

そして硬くて強い。

重量は増えてしまったけど、がっしりしているので力も抜けにくいし、よれないから走っていて気持ちいい。

安心して走れるのがやっぱり一番だ。

全体のバランスと調和は結構難しい。
[PR]
by ygenki | 2010-02-18 01:24 | 自転車

ホイール組み替え

強烈な忙しさでクラクラしている今日この頃。

そんな中、気合い一発で、ホイール組み替えてみた。

今まで使っていたのはノーチューブのZTRオリンピックというリムで、いわゆる通常のクロカン用リム単体より100グラム程度軽い、実測で335グラムという途方もなく軽いリム。

当然登りで足を回していけば、ビュンビュン登っていくし、加速感も素晴らしいの一言なのだけど、いかんせん弱すぎた。

ちょっと力を掛けると、すぐしなってたわむし、リム幅が狭いため、横からの力でよれる。

当然山に入ると、まっすぐ走らせるのがすごく難しいし、コーナリング中はブレまくって、全くラインが定まらない。ちょっとでもコジルと、ビックリするほど歪むから、常に垂直方向にしか力を掛けられない。

そんなこんなで、僕の実力ではすっかり持て余してしまい、結局マビックのX819ディスクに落ち着いた。
d0091069_2583760.jpg

誰かZTRオリンピックのリム使ってくれる人居ないかな・・・。
[PR]
by ygenki | 2010-02-16 02:59 | 自転車

自分と他人

他人を知る事は、自分を知る事とイコールだと感じる。

そして、他人に興味を持つ事は自分に興味を持つ事だと感じる。

人と深く関わろうとすると、そこに写るのは自分の姿だった。

しかし、どうして風呂入ると強烈な睡魔に教われるのだろう?

いつも30分ぐらい平気で寝てしまう。

時間の無駄だと感じた。
風呂で寝ないと決めた。どうにかならないものだろうかこの睡魔。

支離滅裂な内容なので適当に流してください。

睡魔と戦いながらの更新でした。
[PR]
by ygenki | 2010-02-11 02:21

香木で快眠♪快眠♪

こないだ京都行ってきた時に山田松香木店で見つけて買ってきた白檀の端切れ。
d0091069_128495.jpg

森林の中にいるような、とっても爽やかな香りがする。

今、寝る時は、いつもこの白檀の端切れを布団の下に入れて寝ている。
さすがに布団の下だと、香りを直接感じる事はないけど、多分無意識の領域にはしっかりと働きかけているのだろう・・・。

毎日快眠♪快眠♪

今度京都行った時は、もっと沢山買い込んでこよう♪♪
[PR]
by ygenki | 2010-02-07 01:33 | 健康?

体は自由に操れるらしい。

まがりなりにも自転車選手のはしっくれをやっていたせいか、自分であれ、他人であれ、体を変化させるという人体の神秘を目の当たりにした事があるし、小さな変化に関してはしょっちゅうだった。

一番の驚きは自転車を突き詰めていく事によって、内蔵の位置すら変化させる事すら出来る事だった。

そんな訳で、人体の変化に関しては、多少なりとも興味を抱いていたりする。
今日もパソコンを見ていると、画面の向こうに写る自分自身の顔が目に入った。

何だか違和感がする。

見ているうちに気が付いた。

耳の向きが違う!!

わずかな違いだけど、今まで頭に寄り添っていた耳がちょっと起きている。でも、そこまで大きな驚きは無かった。

最近は人の話を聞くという機会が増えたから、当然といえば当然かな。
しかし、これまで人の話を聞かなかった自分自身が聞こうとする意識を持つようになっただけでも大きな進化に違いない。
[PR]
by ygenki | 2010-02-05 02:30 | 自転車

初雪??

この冬になって、松本では、まともに雪が降った事無い。
とりあえずといった感じでちょろっと舞う程度。

そして、ついに積もった。積もったからには走らにゃ損!!

という訳で、山に走り行ってきた。アプローチのアスファルトは15センチぐらい雪が積もっていて、かなり難しい。走れない訳ではないけど、リアタイヤ滑らせながら登る登る。

運動不足の鈍った体には良い刺激になった。
そして、お楽しみの下り。
d0091069_1105174.jpg

わずかに積もっているため、積雪によるブレーキも無いし、良く滑るしで、かなりスリリング。
途中、何でもない平坦なストレートで、見事コースアウト。
下に落っこちてしまった。

スポーツバイク売っていて、走りがヘボイとお話にならない。
もうちょっと走り磨かないとね・・・。
d0091069_1123357.jpg

しかし、チタンの色って、見事に雪と同化するな・・・。
[PR]
by ygenki | 2010-02-03 01:13 | 自転車


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧