<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ドリフト族

僕の車はターボ車。

3500回転辺りから、ターボが効き始め、パカカーーーンとまわる(エンジンだけね)
 走り屋?仕様?

はからずとも、先日はドリフト族のお仲間入りを果たしてきたのだ。

夜っちゅーか、朝方走っていたら、雨がミゾレに変わってきた。

少し減速して、コーナーに入ったら、そのままお尻が流れたのでちょこっとカウンターを当てながら走ったら、素敵に無音ドリフト。

なかなか刺激的な時間だったな。


しかし、軽自動車の排気量660って何とかならないものだろうか。

何しろパワーが無いので回して回して頑張らないと、ちっとも前に進まない。
当然燃費も普通車と大差ないし、最近の燃費の良い普通車には全く歯が立たない。

かえって環境に悪い気がする。

せめて、750ぐらいにはならないものだろうか??
あと、よれまくる低剛性の車体もね・・・。
[PR]
by ygenki | 2009-01-21 01:51 | 思う事

グリグリ

ここひと月ぐらい、指のヒビ割れが治らなかった。中でも親指に出来たのは特大。

ぶつけると飛び上がりそう。当然庇う。すると、周囲の皮が、硬く分厚くなってしまい、よけいにヒビが深くなった。


だんだん腹が立ってきたので、周囲の硬い部分を針と歯を使ってむしり取り、いろんなモノに傷口をグリグリ押し当てていたら、あっという間に治った。


腹立たしさが痛みを上回ったんだぁね。







ここんところずっと、自転車が突き刺さる。柄の無い刃物みたい。
[PR]
by ygenki | 2009-01-18 04:17

思いをはせる

お財布が小銭で膨れてきたので、小銭貯金しようと、机の上に出したら、少々見慣れない五円玉が混じっていた。
d0091069_2571970.jpg

現行のゴシック体の五円玉に対し、明朝体の古い五円玉。


裏を見れば、昭和33年とあるし、という字もである。
d0091069_383355.jpg

昭和33年と言えば、1958年

半世紀も昔。

して、この年何があったかと言えば、

即席ラーメンのチキンラーメンが開発され、さらには東京タワーが完成した年。

小室哲哉やマイケルジャクソンも年をとったものである。

半世紀に渡って、様々な人の手を流れ流れて僕の元にやってきた
 ご縁玉
にしばし思いを巡らせてみた。
[PR]
by ygenki | 2009-01-15 03:20 | 思う事

そんな一日

今日はいろんな事があった。

ありすぎてなんだかおなかすいた。

ステーキセット、パスタ、ライスを頬張る午前零時。

支配と、独立。溺れる自由の海。

自分を分割し過ぎると、無くした時がさあ大変。

夜のブログは意味不明。

昼間読み返すと、あら恥ずかしや。

そんな一日でした。。。

お休みなさい。(-_-)zzz
[PR]
by ygenki | 2009-01-13 01:15

イオン

今日入った温泉に、イオンドライヤーなるものがあった。

普段は髪が短い事もあって、自然乾燥だけど、気になったので、ちょっと使ってみた。

するとあっという間にサラサラヘアーの出来上がり。

これは使える!!
[PR]
by ygenki | 2009-01-12 02:35

追加のMBT

さてさて、昨日の記事では書ききれなかった、MBTについて、少し付け足してみようと思います。

この靴、ちゃんと履くためには、ほんの少しコツがいるようで
(とは言っても、大したことじゃないけど。)

普通に歩く時は、かかとから、薬指を結ぶ線上に重心を乗っけるようにして、歩くという事がポイントだという。

普通僕たちが、ついつい意識してしまいがちな、かかとから、土踏まずを通って、親指に至るラインは、特に強い衝撃を受けた時に、土踏まずがつぶれる事によって、衝撃を吸収する役割を担っているので、通常の使用には適さないという。


そんな訳で、足の外側に荷重が掛かる事になるけど、僕がMBTに出会った頃は、どうも、思いっきり外側に体重を掛けろという少々極端な使い方がまかり通っていたようで、
(さらに、ソールも今ほど良くなかったみたい)
みんな、極端なO脚のような使い方をしていて、どう見ても変!!

どう見ても歪んでいる。いや、いがんでる!!
当然気にはなるけど、あんだけ、いがんでるモノに、3万払うのもな~・・・。

と言う訳で、買うまで1年以上悩んでしまった訳です。


でも、専門の人に教えてもらって、改良されたソールの物を使うと、もう手放せない。

ついでに、野郎どもにはあんまり関係ないけど、腰回りの筋肉が刺激される事で、ウエストや、ヒップが引き締まるそうだ。


そもそも、このMBT、腰痛持ちのスイス人が、裸足で砂の上を歩くと、不思議と、腰の痛みが緩和されたので、これを何とか、靴に取り入れる事が出来ないかと、考えた事が発端だという。

ちなみに、一本歯の下駄も、同様の効果があるそうだけど、左右への揺れもある事を考えれば、MBTに軍配が上がるな。

とまあ、ちょこっとMBTについて語ってみましたが、興味のある人は販売店で試しに履いてみて下さいねー。


販売店や、価格なんかはこちらを見てね。
    
 MBT


そうそう、ソールの張り替えから、磨り減って破れたかかとの部分の修理まで、アフターサービスや、リペアもバッチリ揃っているので、思いのほか長く使えそうです。
[PR]
by ygenki | 2009-01-11 00:44 | 健康?

ようやくMBT

書く書くと、言いながら、年末に忙殺されて、溜まりまくって、そろそろ腐りそうなネタの中から、引っぱり出してみました。

ようやくMBTです。
d0091069_159143.jpg


Masai
Barefoot
Technology


を略してMBT。

この靴、低い身長をただ高く見せたいだけか??と思わず思ってしまうような、かかと周辺のマサイセンサーと言うこの写真では白い部分に秘密があります。
d0091069_263739.jpg

この部分が、スポンジのように柔らかいため、白いマサイセンサーの先端(くるぶしの数㎝先辺り)をだいたいの支点にして、フワフワした何とも不安定な状態を作り出してくれる。

そして、その不安定な状態が、身体のバランスを保つための、体幹部分を刺激してくれる。

つまり、立っているだけで既にエクササイズの効果がある。という、何ともズボラで、手抜きで、怠け者な靴なんだけど、効果の方はかなり高い。

歩いたり、つっ立っているだけで、身体の特に使えていない部分に意識が行く。そして、動く。
しかも、ユラユラ揺れる感覚が以外と気持ちいい。

トレーナーの人は、
「最初は負担が大きいから、あまり長時間はいたり、走ったりしない方が良いですよー。」と言っていたけど、せっかちな僕は早速ランニング。

すると、翌日、大して走った訳ではないのに、僕がなかなか使えない足の裏と、腿の内側の筋肉がバリバリの筋肉痛。

おまけに、体幹に対しても、刺激が強すぎたのかあっちにフラフラ、こっちにユラユラ。
バランスが保てない!!
どうやら、かなりの負担がかかったらしい。
(体幹って、痛い、痛くない、動く、動かないがほとんど意識できないので・・・。)

しかし、その状態から回復すると、
身体が柔らかくなって、ビシッと芯が出る。

今は、おへその辺りを活用して、骨盤を積極的に動かし、その骨盤の動きで、足をムチのように振って走っているけど、いたって調子が良い。


値段だけ見ると、怪しげな健康グッズだけど、実際使ってみると、思わず他人に勧めたくなってしまいます。

少なくとも、置き場所に困って、最後は粗大ゴミ置き場にうち捨てられている怪しげな健康マシーンよりは遥かに使えるやつです。

何しろ、靴として使えるからね。
[PR]
by ygenki | 2009-01-10 02:52 | 健康?

欲望とどまるところなし。

当店では、お客様のお望みの物に関しましては、いかなる物でも、取り揃えてございます。

お値段の方も、いかようにでも・・・。

ただし、お客様が最も、お求めになる物に関しましては、当方、入荷の目処が立っておりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   本当に欲しい物は手に入らない。

そのうち、だんだんどうでも良くなって、何故欲しかったのか、どうして必要なのか、どうやって使うのか、何に使うのかそれすら、忘れてしまった頃に、取扱説明書も保証書もない状態で、偶然手に入ったりする。

この辺り、某干拓事業のように、莫大な税金を投じて、巨大な水門を作ってみたモノの、時代が移ろううちに、特定の業者にお金をばらまく以外、特に意味のなくなってしまった公共事業とそっくりである。

ああ、諸行無常、そんな時に、平均耐用年数約80年の人間って、単なる外枠なんだなーと浸って・・・。浸って・・・。

そんな場合じゃない。どうやって使うんだこれ??
[PR]
by ygenki | 2009-01-09 01:59 | 思う事

日本の秘境

ここ最近の記事は山関係が多い。
スノーシュー行ったり、雪山で泊まったり、装備品の圧縮やら軽量化に思いを巡らせたりね・・・。

何を画策しているかといえば、今年の夏の事。

雲ノ平、高天原に行きたい!!

実はこの近辺、数年前から、行きたいなーと思いつつも、秘境と言われるだけあって、
行って帰ってくるだけで、4泊、欲を言えば、5泊は必要なスーパー山奥。

なかなか時間を割けなかったけど、今年こそは行きたい。

して、そこに一体全体どんだけ象徴的なものがあるかと言えば、これと言ってありません。

しいて言うならば、庭園と名の付く、手つかずの自然と、日本一行くのが大変と言われている高天原温泉があるだけ。

でも、それが良い。

槍、穂高といった、象徴的な場所も良いけど、こういった山は、登頂の瞬間に快感がマックスになるけど、息が整うと、とたんに物足りなくなってしまう。
要するに、快感が強い分、長続きしないんだぁーね。

それに引き替え、雲ノ平や、高天原は象徴的なものがないだけに、快感がじんわりと長持ちするし、目指す山を登り切ったあとの、何とも言えない気だるさがない。

そんな訳で、ゆるくて、長続きする快感をユラユラ漂ってきます。
[PR]
by ygenki | 2009-01-08 03:15 | 登山、アウトドア

当然と思う事に投げかける疑問

山で寝る為の道具といえば、シュラフ。

これに異論を挟む人は少ないと思う。今回は、あえて、この当然な事に疑問を投げかけてみた。

と言うのも、こないだ、冬山に持って行ったシュラフは、主に夏山登山を主眼においた、3シーズン用。
冬山なんか想定していない訳で、どう考えても夜中に凍える事が目に見えている。

そこで、足りないダウンを補うべく、ダウンパンツを導入してみた。すると、いたって快適。

最初は空気で膨らませるエアマットの空気が足りないで、直接床に触れてしまい、少し冷えたけど、マットに空気を継ぎ足して、地面との間にしっかりした空気の層を作ってあげたら、快適そのもの。
あとは、シュラフ内部の暖かい空気が逃げないように、入り口の締めヒモをしっかり締めてあげるだけ。

さすがに唯一露出している口の部分は冷気でピリピリしたけどね。



そんな事があって、ふと思った。

夏山ではシュラフは不要なのでは?  と・・・。

つまり、ダウンの上下を着ていれば、それだけで、シュラフを着ているのと同じ事。

あとはテントの結露や、出入りの時に降り込んでしまった雨で濡れたりしないように。
また、身体の周囲の暖かい空気が逃げないようにシュラフカバーに入り込むだけで良いのではないだろうか??

まあ、実際に使うとなれば、ゴアテックス(防水透湿性能がなければ、意味がない)
のシュラフカバーが皮脂などで汚れないように薄いシュラフライナー(シーツ)を使う事になるだろうけど・・・。

これだけで、かなりの軽量化と、ザックのスペースの圧縮が出来る事になる。すると、より身体の負担を減らせて、登山を楽しむ事が出来るはずだ。

これは是非とも実戦しなければ!!

しかも、ダウンの上下をテント着として使うという事は、それだけテントを張ってから、寝るまでの間の体温のロスを減らせて、疲労感を押さえる効果も大きいはずだ。

今年は夏山もバシバシ登るよー。




そういえば、話が変わるけど、16日からザ・ムーンというアポロ宇宙船の映画が公開される。
これは、是非とも映画館で見なければ!
[PR]
by ygenki | 2009-01-07 01:28 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧