やんちゃな仲間と共にロングツアー【1】

滑り終わってからの会話。
「雪山は楽しすぎてみんなを誘いたいけど、とてもじゃないけど、誰かを連れて行こうとは思わないよね。」

そんな楽しすぎる雪山に入るには、体力と、技術と覚悟がいるようだ。
ただ、それを共に出来る仲間と出会えたということはとっても幸運だ。

そんな仲間と目指すは栂池上部小蓮華岳からのドロップだ。
誰もいない栂池スキー場も朝の4時から登りだす。
そしてスキー場から外れたあたりで夜が明けた。
d0091069_2141328.jpg


激しい登りの中に、一瞬の煌き。この一瞬がたまらない。
d0091069_21444423.jpg


栂池自然園にて。これから奥のたおやかな斜面を登っていく。
穂高連峰は、強烈な山脈で優しさのかけらもないけど、白馬の山は、とっても穏やかで優しい。
気温も5度は暖かく感じる。気持ちのいいところだ。
d0091069_2146350.jpg


私たちの前に道はない。私たちの後に道が出来る。
長い道のりも一歩から。
d0091069_21491427.jpg


暖かい。
d0091069_2150242.jpg


だんだん風が強くなってきた。稜線まであとちょっと。
d0091069_21505228.jpg


稜線にて。白馬のスキー場ははるかに足元。
ようこそ天空の楽園へ。
d0091069_2151575.jpg


日本海が目と鼻の先に見える。そして地球が丸く見える。
傲慢かもしれないが、この瞬間大地と海と空と一体になれたような気がする。
d0091069_21542521.jpg


やはり穂高連峰と比べると穏やかで優しげな表情だ。
d0091069_21563832.jpg


斜面と戦い、風と戦い、自分と戦ってその先の景色に感動があれば、何倍にも増幅される。
誰もが入れない冬山に入れた人だけの特権だ。
[PR]
by ygenki | 2015-01-18 22:00 | 山スキー


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧