最高におもしろい今日という環境

今日は雪。当然栂池も雪。湿った雪がアウターシェルを濡らし、あっという間にインナーウエアまでビタビタになる。こうなるとゴアテックスもクソもないが、撥水処理がされていればこそのゴアテックスだと再認識してみたり・・・。しかし、上はマイナスの吹雪なので、ビタビタになることもない。

さっさと上に上がる。栂池自然園からガンガン飛ばしていくが、やや脱水気味の体が重たい。
しかし、水の元はそこら中にあるので困らない。ほてった汗まみれの顔を雪でぬぐい、新鮮な雪をほおばる。さらに、白馬乗鞍に向けてガツンと登る。目の前の斜面は迷いようもないような斜面だけど、ホワイトアウトのおかげで結構難儀した。雪面と空との境界も全く分からず、白い闇と言った表現が正しそうだ。そして稜線まで登り切る。

山頂は100メートル以内にあるはずなのだけど、辺り一面真っ白闇のせいで、あんまりうろちょろすると、遭難しそうだったので、適当なところで引き返す。天狗原から下り出す。

今日はパウダーでものすごく滑りやすい。下まで降りてきた。

今日は絶好の激パウと言った感じで引き返すにはあまりにもったいない。2往復目もおかわり。

今日も雷鳥さんはたくさんいた。この写真に3羽の雷鳥がいるけど分かるかなあ??
そして、そもそも、雷鳥って、木に止まるんだ!!
d0091069_153059.jpg

2往復目はメインの斜面の右に入ってみる。

生まれて初めて顔まで粉雪が舞い散るようなまるで広告の写真のような激パウだった。無重力の世界。

そして、先行者が雪崩をおこした跡があり、さらに。上の方にはまだ雪崩れていない表層雪崩の元もあった。
そこで下に人がいないのを確認して、上から斜面を切ってみた。
見事にごく小さな雪崩が起きた。こうして、雪面と、ターンの影響を見ることが出来ただけでも有意義な時間だ。

しかし、一度でも激パウを味わってしまうと、もうゲレンデには戻れない。激パウと木の間をすり抜けるツリーランの組み合わせが最高だ。

そして今年中にやりたい事がある。厳冬期槍ヶ岳日帰りスキーツアーと、春先の奥穂高岳直登ルンゼの滑降プラス春富士滑降も出来れば言うことなしだ。

厳冬期槍ヶ岳日帰りツアーのチャンスは来週だ。
[PR]
by ygenki | 2013-02-07 01:34 | 山スキー


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧