とんがり系。

冬山でマットを敷いて、その上にシートを被るだけというあまり一般的でない宿泊形態にチャレンジしてみて、以外と問題ない事に気が付いた。少々の降雪なら、逆に歓迎で、降り積もった雪が冷気を遮断してくれる事も分かった。

唯一の問題は風。

冬山の風は特に強烈で、動けず地面に突っ伏してしまうような時もある。そして、一気に体温を奪われる。
だとすれば、エアマットとシート、ツェルトを使って、岩の影などで雪洞もしくは、少し地面を掘り下げた半雪洞を作り、その周囲をスノーブロックで囲えば何とかなるのではないだろうか・・・。

今使っているダウンの上下は比較的薄手の物なので、ヒマラヤ登山でも使えるようなダウンの上下、もしくは、ワンピースを使えば、テントの必要性は無くなるのではないだろうか・・・。

さらに、この場合ならシュラフもいらなくなりそうだ。

そして、靴ひもを十分緩めて、足をザックに突っ込めば、オーバーミトンと2~3個のホッカイロでマイナス20度の中でもかなり快適な一夜を過ごす事が出来ると思う。



もう一つ常識を疑ってみるとするなら着替えの問題がある。
登山での着替えはそもそも濡れた時に身体の冷えを防止するために着替えるもの。

しかし冬山に関して言えば、そもそも液体の状態で水という物が存在しない環境であるので、体が濡れる要素がない。

発汗に関しても、鍛え方が足りないと少々の運動負荷で体温が上がり、大量の発汗があるけど、日頃から運動していれば、グッショリ濡れる程の発汗は考えにくい。

厳冬期登山にテント、シュラフ、着替えは要らないのではないだろうか??

少々自分を鍛える必要はあるけれど、結果的に少ない装備でより軽くよりシンプルにした方が、自分の生存性を上げる事が出来るのではないだろうかと思ってみた。
[PR]
by ygenki | 2012-02-03 03:21 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


Skypeボタン

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧