稜線通しは続きます。

強い風はこんな彫刻も作っていた。
人が歩いて、圧縮されて固まった雪、周囲の柔らかい雪だけが風で吹き飛ばされて、まるで飛び石のような不思議な造形を作っていた。
d0091069_22434693.jpg


ここは大天井岳のすぐ下にある小屋。
ここは冬季小屋も開設されていて、気象状況の悪い時でも逃げ込めます。
d0091069_22455890.jpg


そして常念岳を目指して歩き出す。バックは常念岳方面。
このさき、気象状況がどんどん良くなっていき、超快晴。無風の時まであった。
あまりにも美しすぎて、それがたとえようもない程怖かった。
今まで、冬山というと、吹雪かホワイトアウトかといった感じだったので、そのギャップが怖すぎて、持て余してしまったのだ。
d0091069_22475084.jpg


とっても素敵な雪稜。左手は松本盆地。
d0091069_22523622.jpg


雪の斜面でイヤッホーーーイ!!
滑り降りて遊んでいました。左手にはミニ雪屁。踏み抜き実体験も出来たんだけどな・・・。
d0091069_231579.jpg


右手奥は東天井岳。
今回雪が少なかったので、ラッセルの必要もなく、稜線は使わず夏道で歩きました。
d0091069_23172563.jpg


東天井岳南斜面。左上で滑って遊び、そっから右にトラバース。
そのまままっすぐ降りてきた。
d0091069_23191280.jpg


この辺りは横通岳。
松本から見ると、常念岳のすぐ左に見える常念岳と同じような形をした少し低い山だ。
d0091069_23212518.jpg


すぐ上が横通し岳山頂。あまりにも眩しすぎて、ウエアと空の色が混じり合っています。
この日使っていたサングラスはオークリーのレイダーで、レンズはスレートイリジウム。
ミラー加工された明るい場所でも重宝するレンズなのだけど、あまりにも眩しすぎて、目がチカチカする程だった。当然眩しすぎて、外す事も出来ない。
d0091069_2323130.jpg

[PR]
by ygenki | 2012-01-05 08:40 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧