モノクロ写真しかとれなかった。

朝は2時半に起きる。さすが山。周囲のテントからも、ガサゴソと、行動開始の音がする。
歩き始めて早速、丸山という山で道を間違えて、小屋に戻ってしまった。思わず赤面。
西穂独標。ここで行くべきか引き返すべきか、最初の葛藤の嵐と戦う。
未知という存在に対する恐怖は計り知れない。
d0091069_21584422.jpg


ここが西穂高岳。ここで2回目の恐怖と葛藤との戦い。
試しに荷物を置いて、ちょっと先に進んでみると以外と行けてしまう。
荷物置いたところに戻って、再び葛藤。そしてハラを決めて進む。
d0091069_2225145.jpg


こんなプレートがあるから余計に怖い。
少なくとも、ここで良い事があったという訳では無さそうである。
d0091069_227213.jpg


のっけから鎖場の下降という洗礼。一般の登山道なら、間違いなく難所として記され、ハシゴがつくだろう。
ここではこれが普通。腹さえ決まっていれば、あとは技術的な問題のみ。
d0091069_229634.jpg


こんな岩の横をへばりつきながら通り抜ける。3点支持を心がけ、1つの岩に、1つの支点をとるように注意すれば (場合によっては出来ないときもあるけれど) 以外と簡単な場所が多い。
d0091069_22125510.jpg


垂直に近い岩場を、時々鎖に頼って降りてくる。
基本さえ意識出来れば、あとは恐怖心といかに上手く付き合うかぐらいのもんだ。
d0091069_22224523.jpg


ここは逆層スラブ。
地層の関係で、滑らかな滑り台のようになっている。
濡れているので非常に怖いけど、晴れていてクライミングシューズを履いていれば、普通に立って歩いて登れるぐらいのレベルだろう。
d0091069_22253417.jpg


ようやく天狗岳。
d0091069_22291053.jpg


ここは畳岩の頭。1メートル程の不安定な足場が数メートル続く。
普通に通過出来たのは、ガスっていたから。
もし晴れていて、数100メートル下までのポッカリ空いた空間に気がついたとしたら、手に汗かいただろう。
d0091069_2230959.jpg

[PR]
by ygenki | 2011-08-18 22:33 | 登山、アウトドア


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧