西穂から奥穂へ、今後の参考のための時間。

2011.8/16
16:30 新穂高ロープウェイ乗車。
18:00 西穂山荘到着。
19:30 就寝

2011.8/17
 2:30 起床 (3:45 出発)
 4:30 西穂独標
 5:15 ピラミッドピーク
 6:00 西穂高岳 (7:00縦走開始)
 8:00 間ノ岳
 8:15 間天のコル
 8:45 天狗岳
 9:15 天狗のコル
 9:30 畳岩の頭
10:30 ジャンダルム右抜け入り口
11:30 馬の背入り口
11:45 奥穂高岳
12:15 穂高岳山荘
13:00 白出沢下山開始
14:45 重太郎橋
16:00 白出沢出会い登山口
17:15 新穂高駐車場

このコース。ジャンダルムとか、馬の背とか、 逆層スラブとか・・・。
ついつい象徴的なキーワードに気をとられてしまうが、実のところ、それ以外の難所の方が、遥かに危険な所も多い。

誰かが、延々と続く大キレットとたとえていたけど、まさにその通り。一瞬も気を抜けない。 
象徴的なキーワードはこのコースの中の一部分でしかないといった感じだった。
特に奥穂高岳から西穂高岳に縦走する場合は、後半思いもよらない難所が多くて、前半で、力を使い果たすと後半はとんでもない目に遭うから、相当気を付けないといけない。


今回は時折雨が降り、終日霧。というけっして良い条件ではなかったけれど、奥穂へ向かう人が、私の他に、ソロが2人。

奥穂から来る人がソロが6人ぐらい、ペアが3組程と、思いの外多くの人達が入山していた。

そんな人達と会話してみると、3タイプぐらいに別れていた。

・あまりにも必死すぎて (挨拶しても返事する余裕もないほど) 悲壮な面持ちの人。
・ベテランなのか、余裕とリラックスのある人。(行動で身につけた泰然自若??)
・チャレンジ精神でワクワクして (場合によっては行かねばならぬと、視野が狭くなって) いる人。

決して安全な環境ではないので、場合によって本性むき出しか??
でも、こんな環境の中だと、ある意味人間が人間らしくて、とってもワクワクしてしまう。

今。私が。この場所。って、テレビや写真では到底味わえない快感だ。

  
[PR]
by ygenki | 2011-08-18 14:24 | 山行コースタイム


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧