死を身近に感じていますか??

まったく、正月早々なんなんでしょうねーこのお題。

不謹慎にも程があるって??でも、不老不死の薬なんて聞いた事がないので、人間の死亡率は100%だったりします。

さて、山に(特に冬山)なんかに登って、それまでの自分の領域から外に踏み出そうとすると、どうにも恐ろしい瞬間がある。突風、道迷い、崖、雪崩。そして、寒さ。

考えたくはないけど、氷漬けになった、カチンコチンの自分が脳裏をよぎる瞬間は吹雪なんかよりも100倍は寒い。

こういった人間にとって、快適とは言いにくい環境をより積極的に乗り切るには体力と根性はあまり通用しそうにない。

かつて、第二次大戦中にナチスドイツが大量虐殺をしていた強制収容所で
飢餓と、暴力と、絶望と、寒さと・・・。ありとあらゆる苦難を生き残ったごく少数の人達に共通したものがあったそうだ。

仲間を思いやり、時にはパンを分け与える 《愛》
水溜まりに写る風景にすら感動を感じる 《美》
将来に、なんとしてもやりたい事がある 《夢》

この3つがあれば、たいがい人間は強くいられるし、過酷な環境でも、積極的に乗り切れるらしい。
実際に氷漬けの自分を想像して恐怖感に絡まれたとしても、それを打ち消すのは、ほとんどの場合上の3つに属している。

しかし、複雑極まりない現代では、一見平和に見える過酷な環境でどれほどの人が打ちのめされて、内的に崩壊してしまうのだろう。

以前勤めていた会社では、ビックリするぐらい多くの人が鬱病になった。
そして、日本では毎年3万人もの人が自殺に追い込まれている。

だからこそ、自分自身が誰かに対して、良い影響を与える在り方や、振る舞いをしないとね。
今日一日で、出会った人に、自分のカップからどれだけ歓びや、感じる心を分けられたかと、自問自答してしまう。

最近は冬山のような厳しい環境に身を置くと、こんな心境になる。
僕の今現在行動している山はかなり安全な方だ。でも、その中にも、ホンの一瞬ではあるけど、死を疑似体験できる瞬間がある。
生きて山から下りてきた。又山に行く。その期間は短い。
せめて、今の自分よりかは少しは進歩できるよね。

普段の平和な生活では、どうにも忘れがちになってしまうが、カチンコチンの自分を想像すると、それ以上の力がでてくるのはありがたい限りだ。
[PR]
by ygenki | 2010-01-08 02:35 | 思う事


自転車をこよなく愛する日記です。 日常の光景をストレートに書いています。


by 山田元気

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自転車
思う事
壊れ物コーナー
健康?
山スキー
登山、アウトドア
読書、映画
食いしん坊
お茶
音楽
山行コースタイム
山の写真

ホームページ

フォロー中のブログ

10覚えて9忘れる
dai56.net blog
乗鞍高原カフェ&バー ス...
奇跡の日々 ~誠実社~

外部リンク

以前の記事

2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

最新の記事

おそば
at 2015-10-14 23:48
今日はちょっとした記念日。
at 2015-09-16 23:59
お盆は北鎌尾根②
at 2015-08-25 10:21
お盆は北鎌尾根
at 2015-08-19 01:08
餓鬼岳へ行ってきた。
at 2015-07-23 10:12
できた女。
at 2015-07-03 09:59
一流どころ
at 2015-06-15 09:38
速さの極めつけ
at 2015-06-10 23:40
-
at 2015-06-03 18:50
山のリスク。
at 2015-05-28 22:40
久方ぶりの涸沢
at 2015-05-08 09:52
-
at 2015-04-08 17:27
残りの大喰岳
at 2015-04-02 09:56
大喰岳の続き
at 2015-03-31 10:32
大喰岳の写真
at 2015-03-30 10:00

その他のジャンル

最新のトラックバック

タグ

ライフログ


ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
自転車・バイク

画像一覧